ビタミンB1の主な効果

ビタミンB1の主な効果

ビタミンにも様々な種類があります。
その中でも今回はビタミンB1について詳しくみていきましょう。

ビタミンB1は水溶性である為に水で洗うだけで
すぐに流れ落ちてしまいます。
ほとんど食材を調理する前に
洗うと思うのですが
ビタミンには水溶性のものも多いので
食材を洗う際はあまりゴシゴシと洗わないようにした方が
栄養が摂りやすいのです。
洗いすぎには注意しましょうね。

穀類のはい芽、豚肉、レバー、豆類などに含まれますが
私達の就職はご飯なのでなかなかビタミンB1を摂取する事はできません。

この為にビタミンB1が不足してしまうと
以前は国民病とも呼ばれていた脚気という病気にかかってしまいます。

ビタミンB1は糖質からのエネルギー生産や
皮膚、粘膜の健康維持を助けてくれる働きがあります。
脳神経は糖質を栄養源としているため脳にいいとされます。

なので逆にビタミンB1が不足してしまった場合は
糖質がエネルギーにならなくなり
食欲がなくなり、疲れやすくてすぐに夏バテにもなりやすくなります。
中でも一番怖いのが冒頭で話した脚気です。
とくに最近の食事はインスタント食品をよく取る人が増えてきています。
そういった方が脚気になった報告はいくつもあるので
インスタントラーメンばかり食べている方は
ビタミンB1の欠乏を意識しましょう。
なかなか取りにくい栄養なので
サプリメントで補助していく事をお勧め致します。

日本人に最も重要な栄養素「ビタミンB1」日常で摂るべき栄養素「ビタミンB1」

copyright(C)サプリ選出方法